2014年でリピートしまくった曲紹介(ゲーム、アニメ、同人)

年に数曲くらい1日中聞いていても苦にならずにテンションが上がる曲に出会うので、せっかくなので記録を取る意味でも紹介する。
紹介順は順不同。思い出した順に書く。
ハマったのが2014年であって、発売が2014年じゃないのもあります。

Annabel – Altair(アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~ ED)


去年から聴き続けている気もするけどアーシャのED。
アトリエシリーズは毎回いい曲が多いから、リピートし続けたい曲が毎タイトルあるような状態。
力強めで歌われるバラードが大好物なのでジャストミートな曲でした。
ゲームの思い出補正もプラスされて、さらにいい曲に聞こえるのがゲーム音楽の醍醐味だよね。
Twilight Hour(トワイライトアワー)アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~ボーカルアルバム

霜月はるか – Maria(アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~ ボスバトルBGM)


配信ステージのボスだったかな?
調合可能な最強装備を整えずに立ち向かったので、
かなり長期戦になって永遠と聞いていて作業BGMとして刷り込まれましたw
多重録音でシモツキンというガストらしい楽曲だね。
Twilight Hour(トワイライトアワー)アーシャのアトリエ~黄昏の大地の錬金術士~ボーカルアルバム

ルルティア – Pluie(エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~ ED)


アーシャに続いてエスロジでもEDが琴線に触れまくり!!
ルルティアさんの歌は初めて聴いたけど、良い歌声するね〜♪
エスカとロジーのコンビは本当に好きだったから、
この切ない感じがまた思い出を起こさせて感じ入る。
Twilight Sky(トワイライトスカイ) エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~ボーカルアルバム

matryoshka – Rusty Sky(シャリーのアトリエ~黄昏の海の錬金術士~ OP)


好きな曲調だけど、こんなに静かなOP曲でいいの!?って思ったり。
シャリーはシナリオ自体は好きではなかったので、思い出補正はほぼないです。
まさにmatryoshkaさんの曲調にノックアウトされた形。
matryoshkaさんの曲は初めて聴いたけど、すごい世界観を表す曲調と歌声だよな〜。
他の曲も聴いてみようと集めているのだが、結構な枚数なのでのんびり集めます。
Twilight Ocean シャリーのアトリエ~黄昏の海の錬金術士~ボーカルアルバム

堀江由衣 – The ♡ World’s ♡ End(ゴールデンタイム 2クール目OP)


ゴールデンタイムはおもしろかったが、その思い出補正というわけでもなく、
堀江由衣さんの声は好きだが信者というわけでもない。
だけど自分のテンションを強制的に上げてくれる曲だったりする。
テンポなのか曲調なのか自分でも分からないのだが、本能的に好きな曲だ。
The World’s End(初回限定盤)(DVD付)

分島花音 – killy killy JOKER (selector infected WIXOSS OP)


WIXOSSアニメが予想外におもしろかったことにより、かなり高評価になった!
もともと好きな曲調なのだが、ここまでリピートできる&テンションが上がるのはWIXOSSアニメの影響だなー。
2期のOPの好きだけど衝撃度では1期に軍配が上がる。
分島花音さんの他の楽曲も良さそうだから集めていこうかな。
killy killy JOKER (TVアニメ「selector infected WIXOSS」オープニングテーマ) (初回限定盤)

茶太 – アンパンマンのマーチ(bassy『僕のスキなうた』)

FOV3

02 「アンパンマンのマーチ」 
作詞 : やなせたかし 作曲 : 三木たかし
Vo.茶太


心が辛くなった時や勇気を出さないといけない時に聞くと救われる。
アンパンマンのマーチの歌詞はネタにされることが多いけど、
ちゃんと聞くとやなせたかしさんは本当にすごいと実感させられる。
単純な言葉だからこそ実に刺さる。
そして茶太りんの歌声が可愛い声なのに、なぜか聴くと泣きそうになる。。。
理由は分からないが、歌詞と歌声で心の琴線に触れられているのだろう。

Duca – Lie(『misty moon』オリジナル曲)


今回紹介する中で唯一タイアップがない曲。
発売は2013年だけど、リピートするようになったのは2014年のこと。
Ducaさんの曲ってスルメ曲が多いんだよね。聴く毎に良くなっていく。
『ラムネ -strings arrange-』と『Dia』が個人的最強曲だったのだけど、新たに『Lie』も加わったわ!
Duca 2ndアルバム「misty moon」(Peak A Soul+インターネット通販限定)

solfa first live 2013「no music,no solfa!!! ~平成25年度パンダ祭り~」感想

solfa first live 2013「no music,no solfa!!! ~平成25年度パンダ祭り~」
前回のパンタ祭り行けなかったのが無念で仕方なかったが、
マイサラライブの翌年にsolfaパンダ祭りで行われるなんて感無量!!
ありがとうハルミさん!ありがとうボス!!

出演陣、曲数

出演陣がすっごく多くて、

霜月はるか、茶太、片霧烈火、Ceui、 nao、青葉りんご、iyuna、小春めう

solfaがいかに多くエロゲソングを作ってきたのか、実感できるライブでした。
一人3曲ほど歌っていたので、全二十数曲3時間のスタンディングライブ。
入の時間が早かったので4時間立ちっぱなしはさすがに辛かった〜。
でもしもちゃみんがが最初にドドドッと来てくれたので、元気あるときでよかったわ♪
リアルでしもちゃみんが揃っているのを見るのはTEAM LIVE以来か、
しもちゃみんとして一緒に歌っているのを見たのは初めてだったので、
これがあの伝説のグループかとちょっと感動してしまったw

客層

solfaのライブなので、マイサラ好きが多いかと思ったらそうでもなく、
各歌姫のファンばっかりいた印象。
iyunalineからのファンって少ないのかな〜。

総評

オールスタンディングだったけど、たいしたモッシュもなく楽しめました♪
しもちゃみんを生で見れたのは収穫だったな〜。ほんどありがとうと言いたい!
solfaのライブなんだから、もっとiyunaを全面に出して欲しかったかな。
出演陣をもうちょっと絞ってiyunaline時代の曲もやってほしかったが、
ベストを出した関係上、こういう構成は仕方ないかね。
それから入った人のほうが多いだろうし。
いい感じにiyuna周りが近年盛り上がっているので、
この調子で来年はマイサラセカンドライブ期待してます!!

セットリスト

■茶太
ミラクルinfinity
ピンポンぱんつ体操
timeless melody
カラフル precious life
■霜月はるか
my sweet heart
twinkle shining smile
優しい涙
■片霧烈火
君にしか聞こえない声で
Draw a tomorrow
■霜月はるか+茶太+片霧烈火
go ahead!
■iyuna
えむっ娘キュン♪キュン♪
幸せの意味
depravity
■小春めう
angel's tear
bright answer
FEEL YOU
■青葉りんご
追憶ノヴァ
偽リノ華
■nao
黄昏のリベリオン
ふたりの景色
melody memory
■Ceui
moratorium
夏の終わりのニルヴァーナ
brand new day
■アンコール(全員)
no music,no solfa!!!
パ・パ・パ・パンダ

my sound life first live 2012「inner coat vision ~僕らという箱の中~」 感想

my sound life first live 2012「inner coat vision ~僕らという箱の中~」
ねんがんのmy sound lifeのライブだーーー!!!!
茶太りんにとっては人生初ワンマンライブ!
ここまで心待ちにしていたライブがあっただろうか、いやない!!

物販

20分くらい前に着いたが、30人くらい並んでいた。
数的には余裕だったみたいね、選べる全部入りセット買っといた。
終演後の物販ではTシャツはXLしか残ってなかったので、結構売れてたみたい。

マイサラCDは全部持っているので買うつもりなかったんだけど、
2枚買うとサイン入りポスターがもらえるってんで釣られて、
エロゲーのボーカルアルバムっぽいの買っちゃった。

バンドメンバー

茶太りんは33歳とは思えない可愛さ!やばい!
歌声も地声も癒されるし、とっても幸福感満載のライブだった。
みんなに「茶太りん、かわいいー」って言われておののいているのとか、
アンコールで誕生日を祝われて、どうしたらいいのかわからず困っているのとか、
リハ映像のビクンビクンッやほふく前進とか、いちいちかわいい生き物だな☆
ちょっと不安だったMCもしっかりこなしていて、
バンドメンバーへのフリ(無茶w)もできていたし、
あぁ居心地のいいバンドなんだな〜と感じたり。
はるみん超かっこよかったー!!!
ギター弾く姿が決まってる!さらにキーボード、笛と一番マルチに活躍してたし。
ほぼ一曲ごとに床に貼ってあるセドリを見るところは微笑ましい。
まぁマイサラワンマン初めてだから仕方ないねw
イワサキボスはさすがの貫禄、おいしいところを最後に持っていきやがったw
まさかのパンダきぐるみでの登場!!
しかもそのあと着ながら普通にギター弾いてるし、ただものじゃねぇ……
Kanacoさん素敵だった〜。メイド服かわいい!
いままでのマイサラのバイオリンはKanacoさんが弾いていたって知ってびびったわ!
ただしくんマジクロッシングw

楽曲

セドリ公開してくれないかなー(チラッチラッ
開演まで待っている間はずっと環境音が流れていたw
環境音ってすごくマイサラっぽいね♪
おそらく、これは買い出しついでに環境音撮ってたんだろうな〜。


セドリ全部は覚えてないけど、だいたいアンケート結果を元に構成されていたので、
新旧入り混じりで盛り上がる盛り上がる!

my sound lifeはしっかりロックしているので、
茶太りんの曲で多いしっとり系は逆に少なくて、
縦ノリできる曲が多くてライブ!って感じ。
しかもちゃんと楽曲ごとにバンドメンバーの見せ場があって、
あぁちゃんとここまで考えて作っていたんだなって気づいて、また好きになった!

セットリスト

2012/11/26追記:公式がセットリスト出してくれましたー!

()内は収録されているタイトル名です
opening : new way to the star(new way to the star)
 1、あかりを灯して(new way to the star)
 2、AIR(wordless garden)
 3、欲(fundamental)
 4、あおいろ(rainbow)
 5、冷たい部屋 ~reverting truth version~(wordless garden)
 6、交差(fundamental)
 7、となりのひと(way and unknown)
 8、夕日と影(wordless garden)
interlude : vision(square vision)
 9、light(light)
10、夢のカケラ ~missing piece version~(way and unknown)
11、七色プリズム(rainbow)
12、めいろ(way and unknown)
13、きみのほし(new way to the star)
14、overflow(wordless garden)
15、framework(square vision)
16、闇雨(way and unknown)
17、エンドロール(new way to the star)
18、answer(square vision)
※アンコール
19、step!jump!(rainbow)
20、ぐるぐる(rainbow)

総評

大満足♪またやってほしいー!
my sound lifeがより好きになった!!
今度から各楽器の音も、もっとちゃんと聴くようになるなこりゃ。
しばらくマイサラのアルバム流しまくって余韻に浸ろう……
#余談だけどフライヤーに描いてある茶太りんとはるみんのキャラ絵だけど、
#本人を前にしてみるとほんとに似てるねー、生煮えさんすごい!

TEAM Entertainment Live Act 2011 感想

茶太りん、まじほんわか美人>挨拶
てことで、今年も行ってきましたTEAMライブ2011!!!
今年もめっちゃおもしろかった!
去年よりも凝っていてもう最高!!!

セットリストは下のような感じ。
team-e_live_act_2011_full
みん様で始まり、シモツキンで締めるのは去年と同じだが、
アンコールでシモツキン&mao が来てテンション上げて、 JIMANG&Rita で最高潮に!
今回はコーラスだったり、デュエットだったりで、出演者の出番が増えていてうれしいかぎり。
ヒュムノスだったり、love solfegeだったり、薄桜鬼だったり、
普段では揃ってみることもないであろうメンバーを見ることが出来て感動もんだね。
アルトネリココーナーの『幸せを探そう』でしもちゃみんが揃っているところも見れたし、超感動!!
中盤くらいに、まったり座って聞く時間が連続して続いたのはちょっといただけなかったな。
盛り上がる系の曲がないかというと、そうでもないのだがノリにくい曲が多かった。
ヒュムノスとか音の爆流みたいで、どうやってのれはいいのかと。
だけど、アンコールの構成は最高だった!
『霧の向こうに繋がる世界』は鉄板のもりあがりでEXILEの例のやつもばっちし決まってたw
これで終わりかと思いきや、まさか『Hi Hi MONKEY DANCE』が続くとは思いもよらなかった!
さすがJIMANGさんとRitaさんというべきか、みんなノリノリで超盛り上がった!!
しんみり終わるより、やっぱり最後にはじけて終わるほうがやりきった感があるね♪
去年と比べて、サイリウムを振る人が急増した印象。
事前にtwitterでこの人の時はこの色みたいにアナウンスしていたせいだろう。
俺もそろそろサイリウムデビューをしないといけないな。

M3 2010秋 戦利品

M3_2010_autumn
台風が早めに通り過ぎてくれたので、無事に参加♪
今回はそんなに買うものなかったので1時間くらいで早々に退散。
予定外の買い物もさほどなく、珍しく予定通りのものくらいしか買わないM3だった。
毎回参加人数が増えてたM3だけど、流通センターになってからはあまり気にならなくなったな。
事前にチェックしていなかったが、当日発見して超俺得な冊子を発見!!!!
同人音楽.book featuring 茶太|同人音楽同好会
茶太りんフィーバーが数ヶ月続いている自分にうってつけのやつが来ましたよ!
思ったよりもページ数も合って読み応えありそう、ちくちく読んでいこう。

TEAM Entertainment Live Act 2010 感想

めっちゃおもしろかったし、最初から最後まで盛り上がりまくり!!!!!
みん様で始まり、しもつきんで締める。いや〜すばらしかった♪
今回は、ライブではほとんどお目にかかれない茶太りんと、
Ducaもといmaoさんの曲が大好きなので、それが目当ての参加。
これだけでも十分長くなってしまっているが、語り出したらきりがないので、
目当ての人と、今回ライブで聞くの初めてで気になった人だけ以下に。

片霧烈火

トップバッターは、みん様。めっちゃかっこいい……
たった1曲で開場のテンションを盛り上げて、
後々にも続く開場の空気を作り上げたのには脱帽。。。
ライブで聞くの初めてだったが、声量はんぱないし、
観客の盛り上げ方もうまいし、完璧なトップバッターだった!

mao

maoさんは、薄桜鬼コーナーで『君ノ記憶』だけ歌って下がってしまったときはあせったが、
ちゃんとmaoさんの番があって、かなり安心した。
歌声からおとなしめの人かと思ったが、かなり動ける人なのね。
Duca名義の曲の方が好きな多いのだが、7/7に1stアルバム出るしmao名義の曲も集めようかな。
『君ノ記憶』はマジいい曲だったので買っちゃいました♪
team-e_live_act_2010

アルトネリコ

コーナーでは、アルトネリココーナーもあって、
ヒュムノス全開でのめり込まれた!!
手拍子や乗る曲でないのもあるが、みんな圧倒される感じで聴き入っていた。
ガスト系は、曲いいからそろそろ手を出してみますか。

eufonius

eufoniusの2人も、生で見たのも聴いたのも初めて。
『ディヴィニティ』ってこんなにすごい曲だったんだ!!!
聞いたことある曲だな〜と思ったが、生だと迫力がすげーな。
しかしriyaさんってこんなに可愛い?綺麗な方だったんですね。びびった!!!

茶太

茶太りんは、知ってはいたがめっちゃ可愛かった!!!
『なないろの世界』と『Bravery 〜辿り着きたい君へ〜』だけだったが、
コミケくらいでしかお目にかかる機会がないので、眼福眼福♪
『なないろの世界』での開場演出と登場の仕方は、かわいさ満点でした!

JIMANG

今回、予想はしていたがかなり上回ってびびったのは、
JIMANGの人気の多さ!!!!!女性ファン男性ファン双方多い!!!
ぎっくり腰からまだ復調しきったいないようで、杖をついていたが(パフォーマンスかも)、
歌もMCもテンション高くて、観客もみんなテンション高くて、はんぱない人気ですね。
1人でこれなのだから、サンホラのライブとなると想像つかないな……

霜月はるか

締めは、シモツキン。
ギターとドラムの人が、Lv3ライブのときと同じ人なので、まるでLv3の追々加公演のようでしたw
しかしこのメンツの中では、締めをやりやすい曲や立ち位置だが、すごくなったな〜。
終わった後ロビーで、myuさんとKAKO♪さんを発見!
声はかけなかったが今日はLv3メンバーが結構来てそうだな。
出演陣は、ほとんど知っている人だったし、
最新の曲から知っている曲まで盛りだくさんでした!
このライブは毎年はやってないのかな、ぐぐっても2007しかでないし。
次はいつだか分からんが、やるときは絶対参加しよ!