もしも明日が晴れならば

Pocket

moshiraba_pac

ブランド ぱれっと
発売日 2006年02月24日
ジャンル AVG
原画 くすくす
シナリオ NYAON
音楽 樋口秀樹
ムービー 雪白

シナリオ

全体的完成度は高く、切なく感動的なストーリーだった。
が、どうも後に残るほどのものはなかった感じ。もう一息演出に力を入れて欲しいところ。
綺麗に作りすぎてる感じもする。明穂の性格上しょうがないかもしれないが、もう少し痛いストーリーでもいいと思った。
NYAONさん限定で行くとDMFのほうが後に残るものがあった。
だが明穂以外のルートへ行くときの罪悪感はかなりのもの。
章仕立てとなっていて5章まで共通ルート、この共通ルートの濃さは異常!!!
それぞれの章が普通のエロゲのクライマックス級の展開!
なかなか個別ルートの入れないからって慌てずに。

テキスト

グラフィック

イベント絵はくすくすさんだから問題なし、すばらしく綺麗!
が、イベント絵が立ち絵もそうだが、手足が細すぎる!!!あと首も細い。
DMFのときと絵は変に変化してなくて嬉しいが、まさか手足が細くなるとは……
かなり珍しいような。。。
背景は塗りが足りないのかな、木や葉っぱ、海がしょぼく見える。
あっさりしすぎという感もある。
量は普通。

立ち絵

表情豊か、立ち方のバリエーションも豊富♪
後姿があるのは珍しい!
汗や怒りマークの記号もある。
だが主要人物が少ないというのもあるが人数は少ない。

音楽

ボーカル曲が8曲もある!!!3曲はサントラの書き下ろしだけど。
OPの『もしも明日が晴れならば』は名曲!!!
『if』と『then… 〜生まれ来る子供のために』は、明穂のことをそのまんま歌詞にしたみたいで、直に伝わってくる。
『ゆうれいの心得』なんていうおもしろい曲もあるし、とってもいい感じ♪
挿入歌自体はいい曲なんだが、挿入歌としてはまずい。
シーンに合う合わない以前にバックで流す系統の音じゃない!
『雛鳥』はうまく合ってたんだが、『凪』は浮いてた感じ。
BGMもなかなか良いものを揃えてきてる。これはってのはないけど平均値は高い。
『命を懸けて』など雰囲気を盛り立てる曲はいいね。
『毎朝の食卓』ってすごくDMFを思い出すんだが、作ってる人が同じだからかな?

操作性

スキップは遅い、それほど重い処理行ってないはずだが。
システム音声が切れないのや、キャラ別にできないのは残念。ランダムだけとは。。。
バックログの量はちょっと少な目かな。
ロード後のバックログは生きてない。
千早の消えたり現れたりするエフェクトが目に悪い
地震のエフェクトも目に悪い
デフォルトのフォントだとシャギって汚くて見てられない!
システムフォント変えてるせいかもしれないが……
フォント強制的に変えたけど、ゴシック系がことどとく汚くなる、明朝でも一部を除いて汚くなるし、ソフトのほうで強制的にサイズを指定されてるのかな?

ムービー

3Dを多用していいものに仕上がっている、しかし3Dの出来はいまいちなので、ぼかして使ったほうがよかったかも。
英語で文字をおどらすのは効果的、うまい構成。
歌がイイ!!!しっとりと聞き入ってしまう♪
しんみりとした曲で、既にヒロインが死んでしまった後に流れるからこそ効果がある!

以下ネタバレあり↓↓↓↓↓↓

キャラ別感想

野乃崎 明穂  CV:西田こむぎ

他のルート行くと罪悪感がすごいのに、そこまでこのルートに縛られているわけではないのが不思議だ。
成仏じゃなくて消えるとなると何も聞こえず何も見えず何も干渉されずできずに、ただ思いだけが残って泣き続けて漂うだけ、無限地獄に行く。
それを回避するには成仏しかない。
赤い糸を切る、二人が別れるしかない。
明穂を救うため、明穂の幸せを自分の幸せを殺して、感情を殺して振らなければいけないなんて辛いわ。
ただどうもいまひとつ足りないと思うのは、明穂を嫌いだって言って振ったときの辛さが絶頂だったが、そのあとすぐに救いが来たのがいけなかった!劇中ではそれなりに日付は経ってたが……
もう少し引っ張って消失感を出してほしかった。
10年後で10歳児で戻ってきたよ!!!ロリロリだーーーー!!!!イヤッホウ!!
犯罪でも気にせずやっちまえ!!!!って感じのアフターはどこ?(ぉ
生まれ変わりだから18歳以上+10歳だから平気でしょ?
ただ生まれ変わり自体はいいんだが、あまりにそのままの姿に記憶もそのままってのはどうかと思う。
最後は気付かなくすれ違う程度の、ボーイミーツガールものでいいと思う。
■明穂ノーマルED
何気に委員長EDだったよ!!!
でも委員長エロがないのは残念。つばさルートで据え膳まで行ったのに。。。
いままで報われなさすぎた委員長がここで幸せになれることを祈ろう。
ただつばさとの三角関係は避けて通れそうにないけど……(ノД`)

野乃崎 つばさ  CV:みる

つばさに手を出すのは罪悪感満点!!!!
明穂を振るのは重い重すぎる!!
つばさは諦めたのに妹でいいのに嫉妬してる自分がいて、
自分の中に矛盾が起きてどうしたらいいのかわからなくなったし。
明穂と比べたら自分はとんでもなく汚い人間で、明穂がいるのに明穂の気持ちを知っているのに、明穂の気遣いをうけて付き合うなんて、自分が惨めすぎて許せないのか。
つばさの心の中は大変だわ〜。明穂という姉を持ったゆえの困難か。
章名がAS you likeで演劇のお気に召すままにそのまま掛けてたし、
つばさの明穂を演じたのも、お気に召すままに掛けていたのか。うまいな。
結局最後に締めるのは明穂なんだな、そうじゃないとつばさは納得しないしな。
なんつーかつばさの話というより明穂の話って感じがしてどうも……
泣けるけどねそれ以上に明穂が切ない、、、

湊川 珠美  CV:AYA

ここでも三角関係になるのか、さすがは嫉妬のつばさ♪
つばさ怖いーーーーー!笑顔が怖い!!!!
でもけじめをつけるための儀式みたいなものなのか、
どろどろにはならないのね...(´З`)チェッ
嫉妬はつばさだけでなく、当然明穂も嫉妬してたのか。
明穂の嫉妬が具現化した怨念は、心の奥底のものだからどうしようもなく、珠美が祓うしかないって、友達でもあり恋人の大事な人である明穂を切るのは、珠美つらいね〜。
つらすぎる現実から逃げようとどうでもよくなり自殺までいったが、
ここで救うは明穂からのメール。本人からの言葉ほど強いものはないね。
結局明穂がいいとこ全部持っていくんだね(笑
エロエロになったのは、明穂にいっぱいエッチして、いっぱい子供生んでと言われたからか、
それともただ単に嫉妬深くて、束縛心が強いせいで、これと決めたら突っ走るタイプだからか。

千早  CV:まきいづみ

恋人を殺した相手を好きになるのは大変だわ。
絶対憎むようになるし、殺したほうも罪悪感でどうしようもない。
罪悪感だけでなく憎まれもせず赦されてさらに幸せまでも与えられて、嬉しいが罪悪感はつのるばかり。
何かしたいのに何も出来ない自分が無力な自分が嫌い。
なかなか厳しい設定を背負った子だわ。
一番悲しく辛い運命を生きてる子だな。
他のルートでは過去のことを思い出しもしないんだから、
これ以上一人にしたら千早がかわいそすぎる!!!
500年ごしの幸せを掴んでくれ。
千早が疫病神になった経緯が悲しすぎる!!!
世間知らずだったのは姫だったからもあるが、病気でひきこもってたからなのか。
疫病神には思い込みでなったのか、思い込みだけで神になるとは……すごいが馬鹿?
一樹はイツキの生まれ変わりだったのか、それで500年ぶりに会えたのに明穂という違う女連れてるし嫉妬もするわな。
明穂がそれを知っているか知らないが、これでは赦すのも頷ける。

総評

NYAONさんが一人で書いているせいか、DMFより完成度が高かった。
嫉妬と罪悪感がよく伝わってくる作品だった。
こう書くと黒い話っぽく見えるな(笑
共通ルートが異様に長かったのは、明穂の存在感を出させたのかな?
共通ルートはそれぞれ担当ヒロインがいるんだけど、絶対明穂が絡むから明穂に対する思いが増えてしまう。これがたぶん他のルートに行くことの罪悪感になるのか。
もしらばは明穂の話と思うのも、どこへ行こうと明穂が絡むことを避けられないのでそう思うのだろう。
だからこそ、もう少し明穂ルートを痛くして、もっと残るものにして欲しかったな。
すでに優遇されてるんだから、明穂シナリオだけが突出してもいいと思うんだが。