Kanon

Pocket

Kanon ‾Standard Edition‾

ブランド Interchannel
Key
発売日 1999年06月04日発売(PC版)
2002年02月28日発売(PS2版)
ジャンル 恋愛アドベンチャー
原画 樋上いたる
シナリオ 久弥直樹 / 麻枝准
背景美術 鳥の
音楽 麻枝准 / 折戸伸治(がんま)/ OdiakeS / I’ve
ムービー

シナリオ

エロゲの元祖とも言うべき作品ですね。
これ以降の作品にはけっこう似たような設定が多いからな。
シナリオ自体はしっかりツボを押さえた今見るととてもベーシックなつくり。
当時ならばかなり画期的だったのかもしれない。
しかしそれでもやっぱりKeyです。あの音楽とシナリオには感動しますよ!
これはエロゲ・ノベル系をやりはじめてすぐにやるべきものだった。
そしたらもっと感動できたのに、、、もったいなかったな。

テキスト

グラフィック

背景もイベントCGも少ない。
背景はけっこう綺麗!イベントCGは……うん。まぁ……うん。
原画がとても癖があるのでこれで敬遠してる人は多いのではないかな。

立ち絵

立ち絵も差分も少ない。
表情に関しては服装も変わるし特に気にならなかった。

音楽

OP/EDはとてもイイ!!
BGMは元気な曲としっとりした曲半々くらいかな。
まだしっかり聞いてないから不確かだけど、しっとりしたので結構良いのある。

操作性

プレイしたのはPS2版だからスキップは当然のごとく遅い。
選択肢の量に比べセーブスロットが30はちょっと少ない!もっと欲しかった。
他のシステムは同じくPS2版のAIRとほとんど同じかな。スキップはAIRより遅い気もするけど。
Kanan→AIR→CLANNADとPS2版のほうも操作性が上がってるみたいだね。
CLANNADでは今までなかった選択肢までスキップあるし、通常スキップも速くなってるし。あとセーブスロット多くなってるし。

ムービー

簡素です。曲はいいんだけどな〜、文字を入れることでOPとしての役割は果たしてると思う。

以下ネタバレあり↓↓↓↓↓↓

キャラ別感想

月宮 あゆ  CV:堀江由衣

思ったより普通だった。。。やっぱこれが元となった似たようなシナリオをやったせいだな(みずいろの日和なんか凄く似てる)。
幽霊だってことは最初のほうでわかったけど、消えていくのはあっさりだったな。
てっきりだんだん触れられないように消えていくとか、記憶から消えていくとかすると思ってた。
あゆはすべてのルートで起きる奇跡の真相だから、一応メインヒロインの位置にいるのかな。
申し訳ないが、あゆのイメージはシナリオよりも「うぐぅ」と「たいやき」が残ってる(笑

水瀬 名雪  CV:國府田マリ子

名雪めっちゃいい子だーーー!
つか子供のころの名雪切ねーーーー!!!!!

あゆのとばっちりを真に受けちゃってるよ!かわいそです(´д⊂)
最後に何かしら事件が起こるとは思ってたけど、秋子さんの事故ですか。
でも確かにほかに事件起こすとこないよな。
しかししっかり7年前の自分との対比になってたなんてやられてわ。
もう個人的には名雪が一番お気に入りですな!あの間延びした声もかなり好き!
他ルート(特に舞ルート)だとけっこう同じ家に住んでるのに存在自体なくて不憫だったので、このルートだとかなり魅力UP!!

沢渡 真琴  CV:飯塚雅弓

キツネかよ!!
いろいろつっこむべき所はあるが、まぁいいか。
キツネは置いといて以外にもイイ話だった!そして肉まんが食いたくなる話だった(笑
真琴の孤独や天野をつかったことで失う辛さ、あとだんだん箸が使えなくなったりして次第に近づく悲しみが、しっかり描かれてて切ない!
真琴のキャラもイイ!この空回り具合は好き!

美坂 栞  CV:小西寛子

余命いくばくかなのにそれを承知で付き合ったり、リストカットの話があったりと鬱要素はあるものの、
正直個人的にはこのルートは栞よりも香里が気になりました!!!なぜ攻略できないの〜・゚・(つД`)・゚・
ラストが若干涙腺を刺激されたがそれほどでもなかった。
香里を使うなりしてもう一押しほしかった!
「そんなこという人きらいです」ってセリフ好き!

川澄 舞  CV:田村ゆかり

健気にも約束の場所を守り続けるとってもいい子(´д⊂)
いい話なんだけどな〜少々分かりづらい!!
舞の力は自分の希望(望み)を具現化することが出来るでいいのかな?でもそれだといろいろ不都合が・・・
最後の舞が自分を刺す意味はあったのか?結局あゆの奇跡で治ってるし。
あの過去に戻る(たぶん夢だけど)ためだったのかな。
つか名雪ルートでのゆきうさぎ作ったの舞かよ!
確実なことは書いてないけどだぶんそうだよな。

倉田 佐祐理  CV:川上とも子

はい!舞ルートで舞より圧倒的に気になった子ですが・・・これは攻略キャラとは言わないよな・・・佐祐理さんの正体を補完しただけのような。。。
それでもすごいな佐祐理さん!
自分の名前を呼ぶのは自分を客観視してたからだなんて、あの「あははーっ」の裏にはこんなことが隠されていたなんて・・・
こんないいキャラなんだから最後まで攻略させてくれよーヽ(`Д´)ノ

総評

上でも言ったけどやった時期が悪かった!
設定が元祖的なものだし、シナリオは感動的なものなんだが、ここまであっさり奇跡を量産されるとちょっと感動できないな〜。
事件が起こっても絶対解決するってわかっちゃうからな〜。うぅ〜もったいない!
さらにAIRはまだしもCLANNADやっちゃったから設定が似てるのがかなり多いんだよな。
エロゲ始めて間もない人にはおすすめするけど、もういろいろやった人には物足りないかもしれない。