あかね色に染まる坂

Pocket

あかね色に染まる坂

ブランド feng
発売日 2007年07月27日
ジャンル ドラマティックADV
原画 和泉つばさ / 涼香 / なちゅらるとん
チビキャラ原画 澤野明
シナリオ サイトウケンジ
音楽 景家淳 / MSJ / 野中“まさ”雄一
ムービー

シナリオ

ツンデレを売りにしていたのに、なんか途中で道を間違えた感じ。
シナリオ自体は『青空の見える丘』同様、予想通りというか普通。
構成も話数で進んでいて、次回予告があるのも同じ。
だが青空とコンセプトが違うので注意!!!
コンプしてから気付いたが、ドラマティックADVというジャンルらしく、恋愛やラブラブ方面ではなく、シリアス方面の作品だったみたいだ。
共通ルートが長すぎて2週目以降だれる。
スキップが速いのがせめてもの救いか。
話の展開としては前作より少しは向上してるが、オチは投げっぱなしが多い。
前と同じく、各話の終わりに閑話休題が入るけど、これがまた曲者。
キャラを攻略したあとじゃないとでなかったりするので、もう一回やらないと補完できない。
特に観月先輩、なごみ、冬彦の話が多い。
主人公の準一は悪くはないが、どうしても秀樹と比べると見劣る。
伊織のようなカッコイイエピソードもなければ、けじめのつけ方も女任せでなさけない。
他のゲームの主人公と比べれば準一はいい奴でいい男だけど、
『青空の見える丘』の後継作として出されたからには、秀樹と比べられるのは避けられない。
同様にヒロインの質も下がっている。詳しくは総評で。
延期の理由はミコトちゃんルートのせいだな。
他のヒロインとは完全隔離されたスタートになってるし、
このルートだけ誤字脱字ボイス抜けが多い。

テキスト

相変わらずキャラの使い方と掛け合いはうまい!
ネタは前回よりも減ったし、笑いも減った印象。
だが、なごみとの会話はすごくおもしろい!!!!
ライターどんだけデスクリムゾンが好きなんだ!!!!!!

グラフィック

複数原画制だからか青空のときよりうまくなってる気がする。
だが、なちゅらるとんさんは入れる必要なかったと思う。
一人だけ浮いてるし、明らかにつかさはおまけだし。
シナリオの長さに比べエロ以外のイベント絵が少なくて残念。
共通ルートが長すぎて、個別ルートのみの長さで見れば普通なのか?
エロシーンの構図がありきたりなものでなく、珍しい構図もあったので新鮮だったり。
背景は青空よりも多いが、差分の違いだね。出来は同じくらい。

立ち絵

立ち絵は、量そこそこ、表情差分普通。
チビキャラは少ない。しかもほとんど使ってない。
ヘッドバットのやつは笑えるwwwエドモンドか!!!

音楽

これといって目を引くものはなし。
OPの歌詞はこの物語のことを書いていたりする。
EDのほうがいい曲かな。

操作性

普通にプレイする分には問題なし。いいほう。
スキップ速い。
ロード時バックログ保持。
セーブスロット十分。前作より、コメント部分ができていてわかりやすい。
前作と違いOPの有無を選択できるようになったもの良し。
えちぃが飛ばせる設定になっているので、流れを壊したくない人は利用するのも手かも。
その代わりデレ分が味わえなくなるけどね
次回予告がクリックしないと進まない設定はむかついだが、修正パッチで直ったからよしとしよう。
そのかわりなぜか1話と13話が全部未読になってたが……
ミコトちゃんルートが隔離されてるせいか、既読判定がなくなってた。
同じ部分は多いくせに、ちょこちょこ違うから強制スキップで飛ばしにくいのでかなり困る。

ムービー

通常OPとミコトちゃん用OPがある。
うまくチビキャラを動かしていておもしろいムービーになってる。
歌詞に合ったイベント絵も使われていて、しっかり見ればうまい構成。
イベント絵がいろいろなとこにたくさん使われてるが、テンポが速いので特に気にならない。

↓↓↓↓↓↓ 以下ネタバレあり↓↓↓↓↓↓

キャラ別感想

片桐 優姫  CV:風音

S音様にはぴったりな役ですね(ぉ
まぁ中の人ネタは置いといて、確かにツンを意識したキャラだった。
最初は敵意を持った悪口が、だんだん好意を持った悪口になっていくのを楽しむと言うか。
分類的には主人公嫌悪タイプか、お嬢様分はほぼないな。
ツンデレの常套句をよく言っていたが、個人的印象はいい奴だな。
湊ルートが一番顕著に見られる。こういう振る舞いは伊織に似てるが、逆に違ってもいる。
ヒロインというよりもセッターって感じ。
いろいろ事件はあったが、準一をヒーローに仕立て上げたいのはわかった。
優姫誘拐や冬彦との婚約もそのための演出なのだろうが、やりすぎだと思う。
このせいで純愛系のストーリーから一歩外れてしまった。
裏でいろいろあったが結局なにも知らぬまま終わるから不完全燃焼。
しかも布石が多いせいで余計燃えきらずくすぶる。
追加されるえちぃは青空と同じく、女の子視点。
これは相変わらずおもしろい。

長瀬 湊  CV:水沢光

もう一人のメインヒロインだったが、こっちはいい感じ。
3:7のクール妹と言ってるが、バリバリのブラコンですな。
義妹か実妹かは、かなり微妙な表現がちょっとあっただけでわからず。。。
過去になにやらあった布石がたくさんあったのに、あんまし衝撃的なものがなくて(´・ω・`)ガッカリ…
湊の過去はミコトちゃんが関わったせいで、余計にややこしくなったから、本編内にミコトちゃんの布石は置かないほうがよかったよ。
準一との関係を悩んで、優姫に転校して欲しくなくて、他の男に好かれようとするのが不評みたいだが、そうは思わないな。すべてを手に入れるための行動にも見える。
黒い視点で見ると、自分の行動によって準一の覚悟を決めさせたり、優姫をベストなタイミングで登場させたり、湊が「見えざる手」みたいだ(ぉ
綺麗な視点で見ても、準一との関係と優姫との関係との葛藤や、妹としての葛藤など、実に人間くさくて妹としての悩みもあっておもしろかった。
どっちにしろ湊がいなくなってからは痛々しかったな〜。
代わりに冬彦と優姫の株が急上昇したが。
締めは相変わらずどうかと思う。
わからなくもないが、どうも……う〜ん優姫がせっかくかっこよく戻ってきたのに使わないしさ。
やっぱり準一に覚悟させるための罠なんじゃないかと。。。
やべー湊エロいよ湊!!!!!
いままで気持ちを隠してたから、一人隣に声が聞こえないように押し殺して自慰をするのを想像するだけでキますね。
声を押し殺すえちぃはたまにあるけど、全部押し殺したままなのは初めてだ。いいものだな。
エロいな〜ヒロイン中で一番エロいかも、声優の演技がすごくいい!!!!
殿子と同じ人なのに一気に成長したな〜。
かにしののときは収録時間とかの問題だったのかな?

霧生 つかさ  CV:本山美奈

とりあえずキャラ紹介見た時点でいらない子だったが、
今の時点でもいらない子です、本当に(ry
いやいやどう見てもセフレだろ?
新聞部と放送委員やっといて、いきなり歌手になるって……
優姫や湊へのけじめもなく、セフレみたいな友達の延長、相棒で終わりやがった。
これはダメだ。ある意味予想通りだが。
しかし締めは事件が小さいせいか、しっかりしまっていたりする皮肉。

白石 なごみ  CV:みる

一番好きなキャラです!!!
「なんですかもう」ってセリフが大好き♪
日常会話が抜群におもしろい!!!!支離滅裂なのにテンポよく進む様はすばらしい。
めっちゃ毒を吐くキャラだけど毒が笑えるから許せる。
シナリオはアクション展開。
途中から婚約破棄などほっといて目的がすり替わった感じ。
だけど締めは一番うまくいってる。
同時進行のキャラ視点はおもしろかったし。
やべーななごみのデレはかなり強力だった!!!
優姫よりもデレ力は強いんじゃないか?
ツンのおもしろさのせいかな?
優姫はベーシックなツンだから、慣れてるのかも。
エロ中のなごみは可愛すぎて反則だぞ!
そしてそれを目撃してしまったゆとりもまたおかし。
姉妹丼は実現できなかったか〜残念。
しかしゆとりの中の人、青山ナガレってwwww

椎名 観月  CV:森谷実園

謎のウイングを装備した会長さんだけど、ののかには負ける。
外見ではあまりぱっとしなかったけど、声がいいね!!癒される。
「見えざる手」とまで言われてるくせに、いまいち黒幕感がない。
実際に何かをやっている場面がなさすぎたせいだろう。
観月先輩の過去はぼんやりだが分かったが、亜矢先輩とどう知り合ったのか謎。
そもそも亜矢先輩の存在が謎だし。
締めはよく分からない。
かなり力技で強引な手で計画的じゃなかったし。
観月がどういう人間なのか知らせてそれでも好きだと生徒たちに気付かせて仲間にさせる?
しかしなぜここでミコトを出したのかがわからないな。
魔法使いやお姫様の話をするための人がいなかったからなのか、観月の初恋に掛けたのか。。。
でも一番盛り上がったのは、湊へのけじめだったり。

橘 ミコト  CV:佐本二厘

普通に恋愛させてあげてよ……
まさかここでファンタジーが出てくると思わなかった。
前回も翠のときに出てきたが、まぁあれは雰囲気を壊さない許容範囲だったけど、
これは全編ファンタジーじゃないか!!!!
このストーリーは隔離されてるくせに本編にも布石を置いているせいで、余計に本編が分かりにくくなっている。
もともとファンタジー色の濃い話だったらまだいけるが、ここだけファンタジーだから浮きまくり。
片桐うんぬん以上にご都合主義で終わったし。
ミコトルートなんで言ってるが、もしや藤宮彩を出したかっただけでは?とも思う。
ここまでifな世界にするくらいなら、青空の世界でのifにしたほうがよかったんじゃない?
まぁおまけ的シナリオだと思ってたけど、しっかり作ったとこは評価するが。。。

総評

期待しすぎたね!
7:3と3:7のツンデレを用意したが伊織には勝てなかった。

湊はいい線いっていたが、期待させる描写があったのに、過去にインパクトがなさすぎ。
ツンデレが売りなのに、一番好きなキャラがなごみな俺はどうしたらいいんでしょうね?
キャラもそうだが、シナリオもなごみルートが一番かな。
シナリオもグラフィックも全体的には上がっているのだが、インパクトで負けた感じ。
たとえ全体的精度を上げても、強力な一人には勝てなかったと……
締めの悪さも残念な要因。それに今回はBADENDなかったのも残念。
あかね色一個で見ればまぁまぁな出来なのだが、青空という作品があるから評価が下がってしまう作品だった。
こっからはシナリオの粗を突っ込もう。
周りの人間があまりにも片桐の関係者ばっかりでどうかと思う。
ご都合主義を発動させる気満々の布陣。
実際オチはそうだったし。
ツンデレを売りにするなら、こういうややこしいものはなくして、王道的展開にすればよかったものを……
オチにファンタジーを持ってこなくなったと思ったら、ミコトちゃんルートで使うしさ……
18話の存在意義がわからないのと同様、亜矢先輩の立ち位置が不明すぎる!!!!
冬彦みたいなフォローもなければ、杉下先生と同じく設定投げっぱなし!
ところどころ役に立つ助言をしてくれるキャラだとしても、無駄な設定をつけてややこしくしてるだけの思える。わざわざキャラを作るまでもない。いわば蛇足。
余談:
観月先輩ルート19話の冬彦の閑話休題のあとにいきなりED流れてビビッた!!!!
さり気に冬彦ルートだったの!?これはバグじゃないよね?


追記:
バナーまで貼ってたのにドラマティックの意味を履き違えていたみたいだ。シリアス方面だったとは。
そう考えて見ると、無駄に長い共通ルートもわかってくるけど、シリアス方面を目指したくせに締めがうまくないのは致命的なのでは?とも思う。
でもなごみルートはよかったし、湊ルートの冬彦とのやり取りもよかったし、いいとこはある。
締めの無理矢理感をどうにかすれば、もっといい作品になるんじゃないかね〜。
コンセプトが違うといっても、世界観が同じでスタッフも同じなのだから比べられるのは避けられず、青空と完全に別物にしとけばよかったのに、もったいない作品だ。。。
体験版を出す遅さもあるけど、雑誌だけでなくHPにもスタッフ日記のように、この作品の方向性、どういう方向のドラマティックか、などを明記しておけば、批評も減っただろうし。