冴えない彼女の育てかた 8巻 感想

Pocket


冴えない彼女の育てかた (8) (富士見ファンタジア文庫)
衝撃の7巻から一気転身始まった新章。
今後こそ安芸発案の同人ゲーム『冴えない彼女の育てかた(仮)』を作るために、
制作進行的には人集めからプロット完成までを描く8巻。
まさかここに来て加藤に新たな属性が付くとは……
しかも『重い女』という称号。
怒らせると怖いとか、実は腹黒とか、めんどくさい女とか、
なんか属性がリアルっぽいものが多いなw

8巻の感想

あとがきに書いてあった8巻の抱負の、

『元の脳天気な作風に戻す』
『あの二人もしっかり登場させる』
『今度こそ某後輩も目立たせる』

1つ目はしっかり達成していた感じ。
作中内の制作進行上まだ余裕あるからかな。
でも3つ目は達成していないような……
出海ちゃんあんまり目立ってないよね?
第二章のタイトルで念押ししてたけど、目立ってないよね?
むしろ兄の伊織のほうが圧倒的に目立ったよね。
(出海ちゃんは存在感が薄い不憫キャラになっていくのだろうか。。)
ところが最後まで読んでみると、伊織もちょろインみたいな印象も……
伊織は加藤の重い女設定をうまく活かす要素にしか見えなくなってきた。
すべての要素は加藤に帰着するというべきか。
そんな加藤だけど、着実にメインヒロイン化していっている。

加藤はメインヒロインだけど恋愛的な要素はなく、
なんというか別のヒロインを攻略中のメインヒロインみたいな印象。

7巻の感想にこう書いたがこれはもう間違いだ。
8巻では、どうみても加藤ルート入っちゃってるよ……かなり萌えるよ。
7.5章のタイトルでも言っているように、丸戸さんも自覚して書いてるしよ。
8巻のラストでギャルゲにありがちな、
お互いの苗字ではなく名前を呼び合うイベントが終わり、
(よく考えたらそこにいくのに8巻もかかってるってすごいな)
そのまま名前呼びになったが9巻では関係はどう変化していくのか楽しみだ♪

余談

感覚値だけど、8巻はメタい会話が多かった印象。
脳天気な作風の影響かな?
R30またはR35ネタが多いから、ちょっと分からんのもあったが。

い〜じゃん別に処女だろうが非処女だろうが。

いまだに自虐ネタとしても使われる、あおいの罪は重い。。